カサカサ肌改善 スキンケア

カサカサ肌のスキンケア:秋のカサカサ肌改善方法!

秋になると「顔がカサカサする季節が始まった・・・」と気分が暗くなる方も少ないかもしれません。

 

ここでは、秋のカサカサ肌を改善する方法について解説します。

秋は外気が乾燥してくる季節!お肌はこんな状態です

夏から秋に変わる季節は、気温や湿度がグっと下がるため、当然、お肌もカサカサしやすくなってしまいます。

 

秋のお肌は夏に浴びた紫外線の影響も残った状態。紫外線の影響で細胞分裂が加速し、表皮に未熟な細胞が増えた状態となっている恐れがあります。

 

そんな状態のお肌はバリア機能が低下して乾燥した外気の影響をモロに受けてしまうんです。

 

秋のカサカサ肌の改善方法のコツは@湿度コントロールとAバリア機能の回復にあると言えるでしょう。

@湿度コントロール:秋のカサカサ肌は加湿器やスチーマーを活用して改善!

秋のカサカサ肌の原因の一つが、外気の乾燥です。そんな秋には「加湿器」や「スチーマー」を活用してみるのも一つのアイデアです。

 

加湿器で部屋全体の湿度を高めたり、スチーマーで肌に水分を補給することでカサカサ肌を改善することができます。

 

保湿スキンケアとあわせれば効果は倍増!水分を吸着する性質のあるグリセリンや、水分を抱え込む性質があるヒアルロン酸、セラミドなどが配合された化粧品を使用することで、肌に水分をとどめることができますよ。

Aバリア機能の回復:秋のカサカサ肌はバリア機能を高めて改善!

秋のお肌は夏に浴びた紫外線の影響でバリア機能が低下しています。

 

バリア機能とは外部刺激からお肌を守る、人間の体にもともと備わった機能のことです。このバリア機能を高めて秋のカサカサ肌を改善するために大切なことがお肌を「保護する」ことにつながります。

 

化粧品の働きでお肌を保護し、外部刺激を和らげることによって次第にお肌本来のバリア機能が回復していきます。

 

実際にスキンケアをする際のコツとしては、まず「こすらない」ことが大事です。

 

伸びが良く、浸透力の高い化粧水や美容液でお肌に刺激を与えずに保湿することを心がけましょう。カサカサ肌を改善するためにはコットンより手で化粧品をつけるのが良いようですよ。

 

また、肌への摩擦刺激を軽減できる、ジェル状の化粧品もおすすめです。

 

そして、化粧水や美容液、ジェルなどで保湿したあとは肌をしっかり保護してあげましょう。保湿クリームやワセリン、馬油などを塗ることで外部刺激をカットしてカサカサ肌を改善していくことができます。

 

秋が終わればカサカサ肌には厳しい冬がやってきます。秋のカサカサ肌はバリア機能を高めてしっかり改善し、冬の乾燥に備えましょうね。

 

>>秋のカサカサ肌におすすめのスキンケアあります♪