カサカサ肌 スキンケア お試し

カサカサ肌のスキンケア:夏のカサカサ肌改善方法!

夏は湿度が高く肌がべたつきがちなので顔のカサカサ肌とは無縁!と思っていませんか?

 

実は夏にもカサカサ肌の原因はあります。むしろ、夏こそカサカサ肌に気を付けた方が良いくらい。

 

では、夏のお顔のカサカサ肌対策としてはどんなことに気を付けるべきか考えてみましょう。

夏のカサカサ肌の原因は!?こんなことに気をつけて

夏は知らず知らずのうちにカサカサが進行してしまう季節です。

 

夏のカサカサ肌の原因はいろいろあります。例えばエアコンの風による乾燥、紫外線の影響、汗による刺激などが挙げられます。

 

夏は湿度が高くなるので、冬と同じような保湿ケアではベタつきが気になってしまうことも。だからと言って保湿を怠ると、外側はベタつくのに肌内部はカサカサ…という、インナードライ肌になってしまう恐れもあります。

 

そんな夏のカサカサ肌改善方法をご紹介していきます。

夏のカサカサ肌改善は紫外線対策からはじめよう

夏は日差しが強く、紫外線の影響が気になる季節です。紫外線を受けると肌の細胞増殖スピードが速まり未熟な細胞が増えます。

 

その結果、角質層にも未熟な細胞が増え、保水能力が低下してカサカサが進行してしまいます。

 

紫外線対策を怠ると、いくら保湿をしてもカサカサは改善しません。夏のカサカサ肌改善のためには、まずは紫外線対策をしっかりしましょう。

 

日常紫外線対策ならSPF値20〜30程度の日焼け止めを使用し、日傘や帽子も併用しましょう。保湿成分(ヒアルロン酸など)が入っている日焼け止めを選ぶことで日中のカサカサを軽減させることもできますよ。

夏のカサカサ肌は浸透力の高い保湿化粧品で改善しよう!

前の項目で説明したように、夏は角質層の働きが弱まりがちな季節です。

 

お肌のターンオーバーが乱れると角質層が厚くなり、肌がゴワゴワと硬くなってしまいます。そうするとせっかくの保湿化粧品の効果を得にくくなってしまうんです。

 

夏のカサカサ肌を改善するためには、「浸透力」の高い保湿化粧品を使用するのがおすすめです。

 

浸透力の高い化粧品は、保湿成分の分子を小さくするなどして肌の奥まで有効成分を届ける工夫がされていますので、夏のカサカサ肌改善に効果的なんですよ。

 

「ナノ化」「ラメラ構造」「浸透力」などのキーワードを目印に浸透力の高いスキンケアアイテムを探してみてくださいね。

夏のカサカサ肌の保湿のコツ!ベタベタが気になる時はこうする

夏は湿度が高いため、保湿化粧品を使用するとベタつきが気になるという方も多いかもしれませんね。

 

肌をベタつかせず保湿をするためにはひとつコツがあります。

 

それは、化粧水や美容液を「2回に分けて塗る」ということです。

 

一度目は肌表面を柔らかく柔軟にし、二度目は角質層の奥まで保湿成分を浸透させることができます。

 

二度に分けて保湿化粧品を塗ることで肌表面に保湿成分が残ってしまうのを防ぎ、ベタつきを抑えながら効果的に保湿をすることができます。

 

化粧水の浸透を良くする、「ブースター化粧水・美容液」をお手入れにプラスしてみるのもおすすめですよ。

 

 

以上、夏のカサカサ肌改善方法3つをご紹介しました。紫外線対策、角質層への浸透ケアを心がけて夏のゴワゴワ、カサカサ肌を改善していきましょう!

 

>>夏のカサカサ肌におすすめのスキンケアって?