カサカサ肌 スキンケア お試し

夏でもカサカサ肌になる原因は?どんなスキンケアで改善できる?

夏でもカサカサ肌になることがあります。原因はどんなことで、どんなスキンケアで改善できるのでしょうか?

夏はカサカサの季節?肌の潤いを奪う要因がたくさんあります

カサカサ肌と言えば冬に悪化するというイメージがありますが、実は夏こそ要注意なんです。

エアコン!

肌の潤いを奪ってカサカサ肌にする原因一つ目はエアコン!

 

エアコンの冷風で室内は意外と乾燥しているもの。まして直接冷気の当たる場所にいたら…それではカサカサ肌まっしぐらです。

紫外線!

原因二つ目は紫外線の影響!

 

強い紫外線を浴びたお肌はダメージによりターンオーバーが乱れ、未熟な角質層ができやすい状態となってしまいます。その結果、肌の保水力が低下してカサカサ肌になってしまうことがあります。

 

また、汗をかくたびにタオルなどで拭いていると、それが肌への刺激となってしまいます。汗をかく→拭く…を繰り返すことでカサカサ肌を悪化させてしまう恐れがあるんです。

夏のカサカサ肌対策はこんなスキンケアで改善しよう

夏のカサカサ肌を改善するためのスキンケアはとにかく保湿!です。

 

「夏は冬ほどは保湿をしなくても良いだろう」というのは実は間違い。カサカサ肌改善のためには、冬と同様の保湿が必要です。

日中はオイルによる紫外線対策&保湿!

カサカサ肌改善のための具体的なスキンケア方法1つめは、「オイルによる紫外線対策&保湿」です。

 

前述のとおり、夏の紫外線はカサカサ肌の原因となってしまいます。そのため、UVケアをしっかりすることがカサカサ肌改善の第一歩です。

 

ですが、バリア機能が弱ったカサカサ肌に日焼け止めを使うと刺激を感じる!という場合もあると思います。

 

そんなカサカサ肌さんにおすすめしたいのが、『ホホバオイル』です。

 

ホホバオイルはサラっとした使い心地のオイル。肌に塗ることでUV−A波を少しの時間なら防ぐことができ、日にあたっても酸化しにくいという特徴があります。

 

もちろん、外出時には日焼け止めを使用することをおすすめしますが、その下地としてホホバオイルを塗ることで、カサカサ肌の保湿効果を得ることができます。

寝る前はクリーム?!

寝る前のスキンケアとしては、「夏こそクリームを使用する」ことをおすすめします。

 

カサカサ肌を自覚していても、「べたつくし、汗もかくからクリームはいいかな…」と、パスしてしまう人って多いみたい。

 

ですが、夏こそクリームでしっかり保湿することをおすすめします。

 

そうすることでエアコンの冷気などから肌を守ることができますし、クリームが汗をはじくことで刺激を抑えることもできるんですよ。塗った直後のベタつきが気になるようなら、少量ずつ馴染ませて様子を見てみましょう。

 

夏に健やかな角質層を育むことで冬のカサカサを軽減する効果も期待できます!夏でもスキンケアをおろそかにせず、頑張ってみましょう。

 

 みんなが選んだカサカサ肌の人気スキンケアはこれでした☆