カサカサ肌改善 スキンケア

カサカサ肌のスキンケア:冬のカサカサ肌改善方法!

冬はお顔のカサカサ肌も悪化しがち。

 

どんなことに注意してケアしていけばよいのでしょうか?

冬はお肌にとって厳しい季節…こんなことに注意して!

冬はお肌にとって大変厳しい季節です。気温、湿度ともに低下し、皮脂の分泌量も少なくなります。

 

普段は脂性肌の方でさえもカサカサが気になる冬。お肌はこんな危険にさらされています。

 

まず、気温低下にともない、お肌の血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなるとお肌の新陳代謝が滞り、水分保持力が弱い角質層となってしまいます。

 

冬は皮脂も減少するため、お肌を保護する「皮脂膜」の働きも弱まっています。そんなお肌に乾燥した冷たい空気が触れると、大きなダメージとなってしまい、カサカサ肌が改善しにくくなってしまうんです。

 

冬のカサカサ肌改善のためには、上記のようなカサカサ肌の原因を取り除く必要があるんですよ。

冬のカサカサ肌改善は血行促進で叶える!

冬のカサカサ肌の原因の一つが、お肌の血行不良です。血行が悪くなるとお肌に届けられる栄養が減少するので肌の新陳代謝がうまくいかなくなってしまいます。

 

その結果、角質層のバリア機能が不十分なものとなり、ごわついて乾燥しやすくなってしまうんです。

 

カサカサ肌を改善するためには健康な角質層を育てることが大切です。そのためにはまず血行促進を心がけましょう。

 

お肌の血行を良くするためにはいろいろな方法があります。例えば、入浴、マッサージ、美顔器の使用などがあります。

 

スキンケアアイテムを選ぶ時には血行促進効果のある「ビタミンE」を含むものを選ぶのもおすすめです。

冬のカサカサ肌はスキンケア+マスクで改善!

冬のカサカサ肌を改善するためには外気の影響を避ける必要があります。

 

そこで活躍するのが「マスク」です。朝の保湿スキンケアを終えたら、マスクをして外出するのもひとつのアイデアです。

 

乾燥した外気から肌を守り、スチーム効果で肌を柔らかくしてカサカサ肌を改善していくことができます。

冬のカサカサ肌は皮脂を補うスキンケアアイテムで改善!

お肌の潤いを守るために大切なのが「皮脂」です。皮脂はお肌の表面で汗と混じり合い「皮脂膜」となって保護機能を発揮します。

 

皮脂膜はグリセリン、エステル、スクワレンなどの脂溶性の物質と、アミノ酸、尿素、乳糖などの水溶性の物質で構成されています。

 

冬は皮脂の分泌量が減り、皮脂膜の働きが弱ってしまうので化粧品で皮脂膜の働きを補うことでカサカサ肌を改善することができます。

 

具体的には、水分と油分がバランスよく配合されたスキンケアアイテムを活用していくのがおすすめ。乳液、保湿クリーム、美容オイルなどが代表的です。

 

例えば皮脂膜の成分にも含まれるスクワランオイル、アミノ酸、グリセリンなどが配合された保湿クリームや美容オイルをスキンケアの最後に使用することで皮脂膜を補い、カサカサ肌を改善する効果が期待できます。

 

冬のカサカサ肌は丁寧なスキンケアで改善することが可能です。外気の乾燥に負けない潤いのあるお肌を育てていきましょう!

 

>>冬の顔のカサカサ肌改善に一番支持されているスキンケアって・・・?