カサカサ肌 スキンケア お試し

カサカサ肌のスキンケア:ワセリンで顔のカサカサ肌は改善できる?

ワセリンは極めて安全性の高い保湿剤として知られていますが、顔のカサカサ肌にも改善効果はあるのでしょうか?

ワセリンを肌に塗るとこんな働きをしてくれます

ワセリンは、肌に塗ると、角質層の表面に留まって水分が蒸発するのを防ぐ働きをします。

 

カサカサ肌はお肌の水分も油分も不足した状態で、外部からの刺激に弱くなっています。ワセリンを塗ることで外部刺激から肌を守り、肌の水分を保持することができるのでカサカサ肌にとってはありがたい存在ですね。

カサカサ肌にワセリンを使う時の注意点とは?

ワセリンはカサカサ肌を保護するのに役立ってくれますが、カサカサ肌を根本的に改善することができるかというと、そういうわけではないようです

 

ワセリンは肌に浸透しないので、継続使用することで特別な美容効果を与えてくれるわけではありません。

 

あくまで、カサカサ肌を保護するための応急処置…と捉える方が良いようです。カサカサがひどい時期や、カサカサが強い場所(頬やまぶたなど)に一時的に使用するのがおすすめですよ。

 

カサカサ肌に使用するワセリンはごく少量でOK!つけすぎるとベタベタ感が残って、ほこりや髪の毛などが付着しやすくなりカサカサ肌にダメージを与えることになりかねません。

 

ワセリンはテクスチャーが固めなので、一度手の平に伸ばしてからお肌に馴染ませましょう。「少し物足りないかな」という程度に留めておくとちょうど良い使用量となるようです。

 

カサカサ肌が悪化して化粧水や美容液などでも刺激を感じる!という時でもワセリンだったら安心して使えます。カサカサ肌の応急処置アイテムとして常備しておいて損は無いかもしれませんね。

 

 カサカサ肌のスキンケアには、カサカサ肌用のおすすめを選んでおこう☆