カサカサ肌 スキンケア セラミド

カサカサ肌のスキンケア:セラミドはカサカサ肌改善にどんな効果が?

「セラミド」は近年よく聞く化粧品の成分ですね。

 

特に高級化粧品に配合されていることの多い「セラミド」で、顔のカサカサ肌の改善にどんな効果が期待できるのか解説します。

セラミドはこんな成分!カサカサ肌への効果を解説します

セラミドとは、肌にもともと存在する「細胞間脂質」の主成分です。

 

細胞間脂質は角質層で細胞や水分・油分を保持する役割を担っています。そのため、その主成分であるセラミドが減少すると肌の潤いが低下し、カサカサ肌になってしまうんです。

 

乾燥性敏感肌やアトピー肌の方は角質層のセラミドが減少しているという報告もあり、カサカサの改善のためには外部からセラミドを補充することが有効だとされています。

 

セラミドは数ある保湿成分の中でも特に保湿効果が高い物質です。

 

セラミドは水分をサンドイッチのようにはさみこんで保持するという性質を持っています。そのため、カサカサ肌にセラミドを与えることで肌表面の水分量を増やし、潤いを持続させてカサカサを改善することができるんです。

セラミドにはカサカサ肌のバリア機能を高める効果も!

水分・油分が減少して外部刺激に弱くなったカサカサ肌は少しの刺激にも敏感に反応して炎症やかゆみが起きてしまいます。細かい炎症を繰り返すと、肌のキメ・ターンオーバーが乱れてしまい、カサカサ肌はなかなか改善されません。

 

実は、セラミドを補うことで肌を外部刺激から守る「バリア機能」の働きを高めることもできるんです。その結果、カサカサ肌の原因となる外部刺激を和らげて肌を健やかに保つ効果も期待できます。

カサカサ肌改善には外側と内側からのセラミドケアが有効です

お肌のセラミドは新陳代謝によって生成されます。そのため、寝不足やストレスなどで新陳代謝が乱れるとセラミドが減少してカサカサ肌になってしまうこともあります。

 

カサカサ肌改善のためには、内側と外側からのセラミドケアが大切。

 

化粧品でセラミドを補いつつ、新陳代謝を整えてセラミドの生成量をアップさせることでカサカサ肌を効率的に改善することができます。

 

カサカサ肌のスキンケアには是非セラミドを取り入れて!セラミドの保湿効果&バリア機能改善効果でカサカサ肌をいたわってあげてくださいね。

 

>>セラミド入りでカサカサ肌に人気の化粧品NO.1はコレ!