カサカサ肌改善 スキンケア

カサカサ肌のスキンケア:どうすればカサカサ肌を改善できる?

お顔のカサカサ肌、辛いですよね(涙)

 

どうすれば効果的にカサカサ肌を改善していくことができるのか考えてみましょう。

カサカサ肌改善はまず洗顔から!

お顔のカサカサ肌にお悩みの方は、まず洗顔を見直してみることをおすすめします。

 

洗浄力の強い洗顔料やメイク落としを使っていませんか?熱いお湯で顔を洗っていませんか?

 

カサカサ肌は皮脂や細胞間脂質、水分の減少が原因で起こります。メイクや汚れを落とすことは大事なことですが、カサカサ肌を改善するためには「洗いすぎ」は禁物です。

 

カサカサ肌を改善するためには、以下のようなことを心がけて洗顔するようにしましょう。

  • 洗浄力が強いものは避ける(さっぱりタイプの洗顔フォーム、オイルクレンジングなど)
  • 洗顔時間は1分以内にする。
  • 洗い流すお湯はぬるま湯(32〜35℃)で!

洗顔方法を変えることで皮脂や細胞間脂質の流出を防ぎ、カサカサ肌を改善することができますよ。

洗顔後のスキンケアはこうする!カサカサ肌の保湿のコツとは?

洗顔後のスキンケアはカサカサ肌改善の要です。カサカサ肌に適した保湿ケアをすることで、お肌を外部刺激から守り、強く育てることができます。

 

最終的には保湿剤に頼らなくてもカサカサしないお肌を目指すことも可能ですよ。

 

カサカサ肌の保湿のコツは3つです。

  • 化粧水を大量に使わない
  • 保湿効果の高い化粧品を使う
  • 保湿クリームで保護する

カサカサ肌にはつい化粧水をたっぷり使いたくなりますが、カサカサ肌の根本的な改善のためには逆効果になる場合もあります。

 

水分をたっぷり含んだお肌は一時的に潤ったように見えますが、その半面、水分が蒸発しやすい状態になっているんです。

 

カサカサ肌は皮脂や細胞間脂質が減少した状態になっているため、いくら水分を与えても、それを保持することができないんです。

 

そのため、カサカサ肌には『保湿力の高い化粧品』が欠かせません。

 

ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、エラスチン、リピジュア、アミノ酸、グリセリン…など、水分を保持することができる成分が配合された化粧品を選ぶことで、お肌の水分量を効率的に高めることができます。

 

化粧水や保湿ジェル、美容液などでお手入れした後は保湿クリームを塗ることで皮脂(油分)の働きを補うことができます。

 

このような保湿ケアをすることで、外部刺激からお肌を守り、お肌本来の保水能力を回復させることができます。

 

カサカサ肌改善のためには、しばらくはお肌をしっかり守ってあげることが大事なんです。次第にカサカサが改善されてきたら、保湿クリームの量を減らすなどして肌の状態をチェックしてみましょう!

スキンケアの効果を高める食べ物:水分や油分を摂ることも忘れずに

カサカサ肌を改善するためには食事にも少し気を使ってみましょう。洗顔やスキンケアの効果を高めるために重要なことです。

 

具体的には、意識して水分補給をすること、油分もある程度摂取することです。

 

特に、必須脂肪酸を含むナッツ類や魚類を摂ってみましょう。皮脂の分泌を促し、肌の新陳代謝を正常化してバリア機能を高める効果も期待できます。

 

 

カサカサ肌は体質に起因する場合も多く、すぐに治すことはできません。ですが、適切なスキンケアで徐々に改善していくことはできます。お肌に負担を与えないスキンケアを心がけて、カサカサ肌に潤いを取り戻しましょう!

 

>>カサカサ肌におすすめのスキンケアランキングへ戻る!