カサカサ肌 スキンケア お試し

カサカサ肌のスキンケア:オロナインはカサカサ肌対策効果ある?

オロナインを顔に使う?

 

ちょっと意外な気もしますが、実は顔のカサカサ肌対策にオロナインは活用できるのです。

オロナインの効能は?カサカサ肌への影響・効果を検証します

オロナインはにきび、ふきでもの、軽い火傷、あかぎれ、ひびなどの幅広い皮膚疾患に効くお薬として、広く知られています。

 

成分を見てみると、有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液の他、添加物としてオリブ油、グリセリン、サラシミツロウ、ワセリンなどが配合されています。

 

これらは保湿成分、油剤として化粧品にも配合される成分です。

 

オロナインがちょっとベタっとしているのはこのような成分が入っているからなんですね。肌に塗ると、確かにしっとりと潤う感じがあります。

 

>>オロナインはここが激安!

オロナインを顔のカサカサ肌対策に使ったら?口コミ検証

実際に顔のカサカサ肌対策の保湿剤として使用している方もいるようで、こんな口コミも見つかりました。

 

 

オロナインを顔に塗るのは少し抵抗あったのですが、使ってみると肌荒れ、カサカサ、ザラザラが改善されます。
乾燥によるかゆみにも効きます!
(47歳 乾燥肌)


 

肌のカサカサが気になる時に塗っています。塗って寝ると朝にはしっとり。
手、ひじ、かかと、顔…と、幅広く使えます。
(33歳 乾燥肌)


このように、成分からも、口コミからも、オロナインはカサカサ肌対策として効果が期待できそうということが分かりました。

オロナイン使用時の注意点!常用がダメな理由とは?

ですが、オロナインは確かにカサカサ肌対策として使えるのですが、保湿剤として長期連用するのは正しい使い方とは言えません。

 

オロナインの注意書きにも、
「毎日ご使用いただいて結構です。ただし、5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は、医師・薬剤師に相談して下さい。」
とありますよ。

 

オロナインはあくまでも医薬品で、化粧品ではありません。

 

有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液は「外用殺菌消毒剤」の一種で、アレルギーを引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

 

カサカサ肌対策として使用する場合は、例えばカサカサがひどくなってかゆみが出てしまった時や皮剥けしてヒリヒリするような時に一時的に使用すると良いのではないでしょうか。

 

その後は別の化粧品や油剤でのスキンケアに切り替えてカサカサ肌の改善を目指しましょう!

 

>>カサカサ肌改善スキンケアランキングに戻る!